スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

言論の自由(This Divided State) 

中間試験やさまざまなイベントが重なり、一週間ほど更新がおろそかになっておりましたが、今日からまた頑張っていきますのでよろしくお願いします。

さて、勉強に若干疲れたので映画の話をします。
僕はドキュメンタリー映画が好きで、中でもマイケルムーア監督のものは、センセーショナルながらも物事の本質を考えさせられるので好きです。昨夜見たのは、マイケルムーアを招いての講演を企画したユタ州立大学のドキュメンタリー映画"This Divided State"でした。

ユタ州はモルモン教徒が迫害されたのちにたどり着いて成立した州だそうです。その歴史を背景に、人口の75%がモルモン教徒で、共和党支持の保守本流の州となっています。その町の州立大学の学生らが、04年の大統領選挙の前に共和・民主両党からスピーカーを招いて、両陣営の意見を聞こうと企画したのでした。

ところが、保守のコミュニティがこれに大反発して、運営委員会の代表・副代表のリコール署名や訴訟にまで発展します。学内も二手に分かれて激論が交わされました。保守のコミュニティが望まないからといって、リベラルの意見を聞かないということが、言論の自由に照らして正しいことなのか、というのが論点です。

さまざまな主張がなされるなか、最も印象的だったのはトーゴからの留学生のスピーチでした。
彼は、自分の英語のアクセントを断った上で、次のように述べました。
「自分は言論の自由のない国から来た。
私はここユタで留学生として勉強する中で、皆さんにはその価値がわからないものかもしれませんが、ひとつ誇らしく感じていることがある。
それは、このようにして、私とみんなが真実について語り合えるということである。
私たちは、誰かが政治的意見を述べることについて意見を戦わせている。
皆さんに私は言いたい、こういうことが大切なのだと。
留学生である私は、こうした価値を学んで持ち帰り、国づくりに生かしたい。
どうか皆さん、ぜひマイケルムーアを大学に呼びましょう。」

彼の主張の正当性や毅然とした態度を見て非常に感動しました。自分の政治的立場から賛成・反対を論ずる輩と一線を画して、本当のフェアさや言論の自由に対する信念に基づいて、英語が苦手でも(実際は全然僕よりもうまかったですが)しゃべるトーゴ人の青年に、トーゴはよくなる(よくなってほしい)と思いました。
スポンサーサイト
[ 2008/06/25 12:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)

暑い 

先週末くらいから急に夏めいてきました。暑い。。。
調べてみたら最高気温36度C。暑いわけだ。
でも、NYはつゆがないのがうれしいですね。日本の夏は暑い。
しかも役所はクーラーがあまり稼働してない上に人口密度が高いから、最悪。
という近況報告でした。
[ 2008/06/10 12:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

幸せの公式その6(Vとまとめ) 

Cで列挙した様々な属性・成果(externalなもの)以外の、より内心的な要素がVになります。
具体的には、何かに夢中になっている状態をさします。プロジェクトの成功自体をCととらえれば、そのプロジェクトを運営していくなかで得られる充実感・やりがいといったものがVだと言えます。

これらの研究は比較的近年の発展分野であり、まだ体系的な整理がなされていないように感じます。たとえば、Vについてはポジティブシンキングなどのマインドセットの改善も含まれると個人的には考えます。いずれにせよ、仮にHへの寄与率が先日書いたとおり、S:50%、C:10%、V:40%だとすれば、次のようなことがいえると思います。

S:生まれついてのものだから気にしても仕方がない。
C:改善できれば素晴らしいが、10%の寄与率を考えると一般的に考えられているよりも重要度は低い。
V:やっていて楽しいことと自分の強みが整合的であれば40%の寄与率で幸せを持続的に改善できる。

つまり、自分の強みをよく理解し、その強みの中で他人の役に立っていると実感でき、自らも没頭できるようなことに取りくみ(V)、その上でそれが金銭的・社会的な成功につながれば(C)、最高の人生ということになります。これは直感的にも無理がないと思われるので、恐らく人生のガイダンスとしてはおおむね正しいといえると思います。

この最も重要なVを高めるためはに、価値観、感じ方、考え方をポジティブで前向きなものに変えていくことが必要です。しかし、実際にポジティブシンキングを得ようと思っても、念ずるだけで得られるものではありません。それには自分の価値観をしっかり把握し、どういう風に変えていきたいかのゴールを明確にし、しっかりと段階的な努力を積む必要があります。こうしたフレームワーク、スキルを学ぶのが、今回のPLS履修の目的だと考えています。
[ 2008/06/01 12:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

マテ茶に見るもてなしの心 

今日はPersonal Leadership and Successのグループワークで、メンバー二人とブランチ。その後、メンバーの一人で、同じクラスターの親友、アルゼンチン人のFedericoの家へ。

ギフトを用意しているから、来いとのこと。行ってみると、なんとマテ茶のセットを用意してくれていました。以前彼の家に遊びに行ったときに、飲ませてもらって非常に興味深くしていたのを覚えていてくれたようで感激しました。

マテ茶は、アルゼンチンを中心とする、南米の南部の伝統茶で、独特のポットとスプーンのような金属製のストロー(ボンビーリャ)を使って飲む非常に珍しいお茶です。「飲むサラダ」とも呼ばれるマテ茶は、ビタミンやミネラルが豊富で、なによりも非常にカフェインが強い!一杯目を飲んだあたりから、脳が冴えてきて、ギンギンになります。

その後、マテ茶がいかにアルゼンチンの文化や社交活動の中核を担っているかを話してくれました。アルゼンチンではマテ茶はカフェなどのお店で提供されることは少なく、むしろ家庭での団欒や、友人が訪れた時のもてなしとして楽しまれます。友人を出迎える際には、「ようこそいらっしゃいました。マテ茶でもいかがですか?」と聞くそうです。

面白いことに、マテ茶の楽しみ方は日本の茶道と通じるところがあります。ホストが茶をたて、ゲストにふるまいます。ゲストはそれを飲みほし、ホストに返します。そしてホストが茶をたて、別のゲストに薦めます。ホストが茶をたて、同じ茶碗で茶を楽しむという点で、マテ茶と茶道は共通しています。またマテ茶の一杯目は、ごみが入っていたり非常に渋いので、通常ホストが飲みます。こうしたもてなしの心もまた、親しみを感じてしまいます。

PLSの議論をしていたときに面白かったのは、Federicoにとって、人間は友達か敵かの二種類しかいない、という見方でした。殺伐とした見方にも見えますが、それゆえに友達と思った人間に対しては思いやりがあり、よくしてくれます。家に招いた客人へのもてなしの心も、そういう人間観から来ているのかも知れませんね。

最後に、マテ茶のたて方をご紹介します!



[ 2008/05/27 00:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

邂逅 

今日、8年ぶりの友人と再会しました。
彼はカナダに留学した時に仲良くしていたコロンビア(国)の友達です。
なんと彼のお姉さんがコロンビアビジネススクールにいて、彼女の卒業式のためにこっちに来たそうです。彼自身もまたコロンビアビジネススクールに近くアプライする予定らしく、久方ぶりの邂逅に運命を感じました!
[ 2008/05/23 12:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

natsuki

Author:natsuki
コロンビアMBAに2008年1月から留学しています。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
FC2カウンター
ブログランキング
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。