スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

MBAエッセイで聞かれること 

今日は二人の日本人の方がCampus Visitに来られました。去年は僕もVisitする側だったのが、案内する側になったかと思うと感慨深くあります。自分もCampus Visitして授業に出てエッセイのネタ探しをしたり、現役生の方に受験の相談をしたりして、非常に正解だったと思います。

二人とも共通してエッセイについての質問をうけました。
もちろん単なる合格した受験生としての個人的見解でしかないのですが、すべてのエッセイについて共通していえることがあると思います。それは、エッセイでは「自分の経験から教訓を引き出し、それを簡潔明瞭に説明する能力が問われている」ということです。

というのも、実際の授業ではその能力が非常に重要だからです。ケースを読んで意見をまとめる、前職のバックグラウンドや出身国といった経験を発表する。いわゆるクラスパーティシペーションにおいては、ケースや経験を分析して、一般化できるTakeawayを導き、その議論の流れに応じてコンサイスに発言する能力が不可欠です。MBAのように先生のレクチャーだけでなく、むしろ学生の経験や意見によって学びあうプログラムの場合はとくに、この能力が重要だと言えるでしょう。よってエッセイでは、そういう能力を各問共通して聞いているのではないかと思うのです。

さらにいえば、それぞれの問でどういう経験について書くかは、二の次なのかもしれません。たとえばコロンビアでは、アントレプレナーシップを発揮した経験についての質問があります。アントレプレナーシップといわれてもいいのが思いつかず、当時大変悩まされました。しかし、何をしたかよりも、なぜそれをしたか(モチベーション)、どうやったか(問題発見・解決能力)について掘り下げて書くことで何とか形にしたことを覚えています。そんなにいいトピックではなかったですが合格したことから考えれば、決して的外れなアプローチではなかったのではないでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2008/05/15 09:59 ] 受験のヒント | TB(0) | CM(0)
プロフィール

natsuki

Author:natsuki
コロンビアMBAに2008年1月から留学しています。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
FC2カウンター
ブログランキング
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。