スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ナポレオンの閃き 


今日は、先週から始まったNapoleon Glanceという、少し変わった授業をご紹介します。
この授業はクラウゼヴィッツの「戦争論」に見るナポレオンの閃きの秘訣を、ビジネス戦略、リーダーシップ、そして個人の人生の生き方に当てはめていくかという、非常に独特ではありますが人気のある授業です。

この授業のキーコンセプトはStrategic Intuitionです。これを説明するために、そもそも皆さんは次のA,Bのどちらの考えが自分にフィットすると思いますか?
A:もし自分を信じ、明確な目標をセットして、一生懸命頑張るなら、どのようなことでも実現できる。
B:もしチャンスに備えて、チャンスを見つけ、チャンスをつかめば、たいていのことは実現できる。

Aの方が勇ましく、Bは控えめに見えますね。Aが理想主義的でBが現実的なようにも見えます。Aの考えの方が、一般的にはあるべき姿として語られることがおおいですが、実際に成功した人はBの考え方の方がしっくりくるかもしれません。

このNapoleon GlanceではBのほうの考え方を成功の秘訣として考えています。
現実の世界で意思決定をするときには、すべての情報が完全にわかって合理的に始められることは稀で、むしろそうした情報の不確実性を前にベストと思われることを、腹をくくって決めなければならないことが多いと思います。
その際に、単なるヤマカンでやるのでは失敗することも多いでしょうから、成功するためには戦略的なひらめき(Strategic Intuition)が必要であるということです。違う言い方をすれば、「何とかして勝つ」というよりも「これなら勝てるというときだけ戦う」という戦い方とも言えるかもしれません。

ナポレオンが古来から現在までの戦争史の中で最も短期間でヨーロッパを平定できたのも、ナポレオンが、単なる兵法論のセオリーの当てはめでもなく、かといえば向こう見ずな蛮勇でもなく、戦略的なひらめきを駆使したから勝てたのだ、というのがこの授業の出発点ということです。

じゃあ、戦略的なひらめきのためには何が必要か?というと、次の四つの要素が必要だとしています。
1:普通では思いつかないような、問題設定と解決方法の閃き
2:虚心坦懐であること(新しい可能性にオープンであること)
3:歴史上の具体例(ひらめきを得るソースになる)
4:決意(不確実性がある中で戦略を実行する力)

最初からすべてを計算してやることが美しいとは思いながらも現実はそこまでうまくはできないよね、というフラストレーションが僕の中にはあったのですが、この授業は、それが普通だしそこから始まるんだよ、というメッセージという風に理解しました。ロジックから演繹的に整理していく西洋流の思考方法が主流の中で、この授業はオルタナティブなマインドセットをえるきっかけになるのではないかと期待してます。
スポンサーサイト
[ 2008/10/26 01:46 ] 授業 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

natsuki

Author:natsuki
コロンビアMBAに2008年1月から留学しています。

カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
FC2カウンター
ブログランキング
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。