スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マテ茶に見るもてなしの心 

今日はPersonal Leadership and Successのグループワークで、メンバー二人とブランチ。その後、メンバーの一人で、同じクラスターの親友、アルゼンチン人のFedericoの家へ。

ギフトを用意しているから、来いとのこと。行ってみると、なんとマテ茶のセットを用意してくれていました。以前彼の家に遊びに行ったときに、飲ませてもらって非常に興味深くしていたのを覚えていてくれたようで感激しました。

マテ茶は、アルゼンチンを中心とする、南米の南部の伝統茶で、独特のポットとスプーンのような金属製のストロー(ボンビーリャ)を使って飲む非常に珍しいお茶です。「飲むサラダ」とも呼ばれるマテ茶は、ビタミンやミネラルが豊富で、なによりも非常にカフェインが強い!一杯目を飲んだあたりから、脳が冴えてきて、ギンギンになります。

その後、マテ茶がいかにアルゼンチンの文化や社交活動の中核を担っているかを話してくれました。アルゼンチンではマテ茶はカフェなどのお店で提供されることは少なく、むしろ家庭での団欒や、友人が訪れた時のもてなしとして楽しまれます。友人を出迎える際には、「ようこそいらっしゃいました。マテ茶でもいかがですか?」と聞くそうです。

面白いことに、マテ茶の楽しみ方は日本の茶道と通じるところがあります。ホストが茶をたて、ゲストにふるまいます。ゲストはそれを飲みほし、ホストに返します。そしてホストが茶をたて、別のゲストに薦めます。ホストが茶をたて、同じ茶碗で茶を楽しむという点で、マテ茶と茶道は共通しています。またマテ茶の一杯目は、ごみが入っていたり非常に渋いので、通常ホストが飲みます。こうしたもてなしの心もまた、親しみを感じてしまいます。

PLSの議論をしていたときに面白かったのは、Federicoにとって、人間は友達か敵かの二種類しかいない、という見方でした。殺伐とした見方にも見えますが、それゆえに友達と思った人間に対しては思いやりがあり、よくしてくれます。家に招いた客人へのもてなしの心も、そういう人間観から来ているのかも知れませんね。

最後に、マテ茶のたて方をご紹介します!


スポンサーサイト

[ 2008/05/27 00:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

natsuki

Author:natsuki
コロンビアMBAに2008年1月から留学しています。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
FC2カウンター
ブログランキング
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。