スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Leadership 

さて中間試験も終わって、先週から第二学期後半戦がスタートしました。
Decision Modelが前半で終了し、新たにLeadershipとManagerial Accountingが始まりました。
今日はそのうちのLeadershipについて。

Leadershipの授業というと、おそらく多くの人が「そんなのどうやって教えるの?」という疑問を抱くと思います。また、そもそも理想的なリーダー像も、国や業界によってもしくはその時の他のチームメンバーやタスクによって異なるかもしれません。さらに言えば、リーダーとはカリスマなどの先天的な資質が重要であって、リーダーの星の下に生まれなければリーダーとはなれないという見方もあるでしょう。定義自体があいまいで、しかも先天的な資質が必要なものを授業で教えて意味があるのかと。

しかし、リーダーシップが後天的に伸ばせないかと言われれば、リーダーシップを広く定義づければ伸ばせると言えると思います。モチベーション、コミュニケーション能力、交渉力、問題発見・解決能力、ネットワーク能力など、特別な才能がなければできないものではないように思いませんか?さらに言えば、Growth Mindsetの考え方からすれば、変えられると信じることで自分の能力や感じ方は変えられると言えると思います。

また、リーダーシップは非常に広い概念なので、授業で一つの理想像を示して学ぶという方法論は向かないことは正しいと思います。この点、コロンビアの「自己認識に基づく自己改善プログラム」という方法論は非常に有効だと思います。

どういうことかというと、まずクラスメートや職場の上司や同僚からの360度評価レポートを各人が作成します。それを分析して自分のリーダーシップに関する長所・短所を整理します。それに基づいて、コーチングプログラムを受けて改善の方法を探り、自分の将来キャリアも踏まえつつ自己改善プログラムを個人個人で策定する、というフレームワークになっています。

これは非常にフレキシブルで、個人の能力の違いやニーズに応じた処方箋を作れるだけでなく、本人がしっかり考えることで、実際に変わらなければならない本人がエンゲージされるので、非常に効果的なのではないか、と感じました。

こうしたリーダーシップ能力はMBAの授業の中でも直接政府の仕事に役立てられそうなので、そういう意味でもしっかり頑張ろうと思いました。

スポンサーサイト

[ 2008/06/30 11:15 ] 授業 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

natsuki

Author:natsuki
コロンビアMBAに2008年1月から留学しています。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
FC2カウンター
ブログランキング
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。