スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

bidding 

まだ夏学期中ですが、もう次の学期の選択科目のビッディングでみんな試行錯誤しているようです。秋学期だけでも100以上選択科目があって、興味のあるものを絞るのだけでも結構大変。。。
その上、選択科目の履修はビッディングという入札のようなシステムで選ぶことになるので、なかなか戦略的な思考とリソース配分が問われます。

ここでコロンビアの場合のビッディングについて、簡単に紹介しておきます。
-持ち点に制限がある(基本的に12000点)。人気授業は8000点くらいかかることもあるため、何をとり、何をあきらめるかを考える必要がある。
-ビッディングのスケジュールがある。各学期の1、2か月前から第一ラウンドが開始し、第4ラウンドくらいまである。各ラウンドごとに、より高い点数を投入した人から順に、通常60人程度の定員数まで登録を許可される。落札できなかった場合は一週間後の次のラウンドで、まだ空いている授業にビッドすることになる。
-過去のビッディングの結果や、不完全ながら春学期(翌々学期)の科目リストが得られるので、それに基づいて、もっとも最適なポイント配分を考えながら動く必要がある。

いろいろ考えた結果、とりあえず次のような科目をとろうと考えています。

-High Performance Leadership
リーダーシップの続編。Feiner教授というコワモテの名物教授の授業。倫理的ジレンマを克服し、上司や部下との関係を巧みにマネッジして、組織の中でいかにリーダーシップを発揮すべきかを学ぶ。個人的には、役所のような組織関係がしっかりしたところで、うまく使えるのではないかと期待大。

-Top Management Process
CEOなどの組織のトップとして直面する組織上の課題を、どう解決していくかを学ぶもの。授業のプロジェクトで、CEOにインタビューしてレポートをまとめたりする。どういう立場にあれ、トップの視点を持ちつつ仕事にあたるべし、という自戒の意味も込めて期待大。

-Tax and Business Strategy
法人税制が企業活動(投資、資本構成、国際展開、M&A)にどのような影響を及ぼすかを、企業サイドのタックスプランニングの観点から学ぶもの。政府と企業が最もダイレクトに関係する税制をテーマに、企業の視点を学ぶ絶好の機会として期待大。

-Financial Market and Economy
金融市場がマクロ経済の発展にどのように貢献し、どのようなリスクを与えているかを学ぶもの。サブプライム問題後のタイミングで、しかも教授がバーナンキ議長のもとFRBで理事をしていたMishkinであるので、非常に面白い話が聞けるのではないかと期待大。

-International Portfolio Management
ポートフォリオにクロスボーダーの株・債権を導入する場合、国ごとのマーケットの違いや、為替リスクなどを考えなければならない。そうした理論を学び、逆にそうしたクロスボーダーで最適なリソース配分を促進するために国としてできること・すべきことを見られれば面白い。

-Corporate Governance
日本が金融市場の整備をしていく上で、根本となるコーポレートガバナンスの考え方が重要である。アメリカ流のコンセプトを学ぶことで、何が日本に持って帰れるか、持って帰るべきではないかを考えたい。
スポンサーサイト

[ 2008/07/12 08:15 ] 授業 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

natsuki

Author:natsuki
コロンビアMBAに2008年1月から留学しています。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
FC2カウンター
ブログランキング
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。