スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アメリカ人のプレゼン能力 

今日はマクロ経済の授業で、プレゼンテーションをしました。
テーマは、FRBはインフレターゲットを採用すべきか否か。
大成功でしたが、改めてアメリカ人学生のプレゼンテーションにおける長所を痛感したので、ちょっと整理したいと思います。

①準備をしてこない。
まあこれはアメリカ人に限った話ではないし、ちゃんとしてる学生もいるのですが、あまり下調べをしないままミーティングに臨みます。そんで、15分くらいで資料をななめよみして、ブレインストームもそこそこに、早速プレゼン資料の作成に着手します。準備をしてこないという会議の非効率性は、いきなり課題に着手するという過激なアプローチで相殺されることになります。(したがって中身をちゃんと吟味するのは、準備をしてきた僕の責任になったりする。。。)

②エンターテイニングである
インフレターゲットの論点整理や、アメリカ経済の現状分析もそこそこに、面白さを追求します。
たとえば、プレゼン冒頭に「FRBはコンピューターに置き換えられる!?」という物議を醸すタイトルで、教授の写真がコンピューターの絵に追い出されるアニメでイントロをして、
その後、プレゼンではインフレターゲットとは、厳格なルールというよりは金融当局の柔軟な政策決定をガイドするフレームワークのようなもの、いわば人間とコンピューターの両面を併せ持つものだといい、
最後に冒頭のコンピューターの絵を、教授とターミネーターをキカイダーみたいに左右で合わせた、下の写真が追い出すというもの。
総じて言えば、中身は適当にしかし堂々と、プレゼンでしかできないことをダイナミックにプレゼンした、と評価できるかもしれません。少なくとも教授や学生はいたくご満悦でした。

③日本人もやろうと思えばできる!?
こうしたプレゼン能力はアメリカ人のすぐれた点だと思います。
他方、日本人にまねできないかというと、もちろんそうではないと思います。
実際、上記のターミネーターのアイディア出しも、僕の冗談から生まれたものなので。
ただ、本気でそれを採用しちゃうチームのノリの良さ、それを受け入れるオーディエンスのノリの良さ、そうした環境ではぐくまれた自由でダイナミックなマインドセットが、特筆すべきなんだと思います。


スポンサーサイト

[ 2008/07/18 00:19 ] 授業 | TB(0) | CM(3)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/07/21 23:02 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2008/07/22 10:00 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/08/16 23:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

natsuki

Author:natsuki
コロンビアMBAに2008年1月から留学しています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
FC2カウンター
ブログランキング
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。