スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Values-Based Leadership 

今日はコロンビアが力を入れている倫理的ジレンマについて書きます。
これは授業ではなくてオリエンテーションの一環として企画されたもので、入学前に学生に自分が経験した倫理的ジレンマについてエッセイを書かせて、それをもとにどう対応すべきだったかと学ぶもの。

たとえば、新規顧客獲得で他社としのぎを削っている会社の営業会議で、他社から顧客リストとともに優秀な営業マンを引き抜こうという提案がなされます。これに対して、顧客リストは他社のものであり、倫理に反するとして反論した学生のケース。どのようにすれば、妥協したり、辞めることなく、倫理に反した会社の活動を正すことができるか。

実際にロールプレイをしたところ、「不公正なことをすれば会社の信頼を損ねる」、「法的リスクがある」、「他社から引き抜いた人材とリストでは戦略上の差別化ができない」、「顧客リストをもって引き抜かれてきた人材は、同じように自社の営業機密を持ち出すリスクがある」など様々な意見がでました。

なるほどと思ったのは、The Law of Self-Interestに従え、という教え。すなわち、
-自分にとって倫理的に重要なことは、必ずしも他の誰にも説得的とは限らない。
-自分の主張を会社や上司の関心に合わせて組み立てるべき。
というものです。

これは会社と個人の間の倫理的ジレンマのみならず、およそ誰かを説得しようとするときには非常に大切な視点だと思います。自分の経験上も、自分で心からそうだと思うことはついつい感情・信念が前に出すぎて、組織の動きに落とし込むことが難しかったことがよくありました。それは相手の立場で考えて説得するという技術が欠けていたからだとよくわかりました。

月並みなセリフですが、官僚はwarm heartとcool mindが必要だと言われます。両方とも磨きをかけて、組織を動かし改革を進めていける人材になりたいと思います。
スポンサーサイト

[ 2008/02/08 11:18 ] 授業 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

natsuki

Author:natsuki
コロンビアMBAに2008年1月から留学しています。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
FC2カウンター
ブログランキング
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。